太陽光発電に関する基礎知識全般

太陽光発電全般の情報を解説します

 

そろそろ我が家に太陽光発電を導入しようか!?と思っている人必見!太陽光発電の仕組みや発電量と売電の話、さらに再生可能エネルギーに関する情報など、脱原発の時代を見据えた賢い電気との付き合い方を考えるための基礎的情報になります。

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電の仕組み
知っておいて損のない太陽光発電の原理を解説。特に自宅への導入をご検討の方は是非一度目を通してみてください。

 

太陽光発電導入のメリット
太陽光発電で実際にどれだけの電気を作ることができるか見てみましょう。思ったより多い?少ない?

 

太陽光発電の注目される理由
2012年7月より「再生可能エネルギー固定価格買取制度」がスタートしました。太陽光発電が注目される背景について考えます。

太陽光発電普及を後押しする社会的背景

太陽光・再生可能エネルギーの電力供給割合
2011年3月に起きた福島第一原子力発電所の事故以来、日本は脱原発の方向に突き進んでいます。実際に脱原発を達成するためには原発に変わる新たなエネルギー源を生み出す必要がありますよね?現在の新エネルギーによる電力発電量とは?

 

再生可能エネルギーへの期待
再生可能エネルギーとは比較的短期間において再生可能な、資源の枯渇が心配されないエネルギーのことです。石油など化石燃料に変わるクリーンなエネルギーとして世界的に普及が急がれています。

 

再生可能エネルギー発電促進賦課金(「育エネ」負担金)
再生可能エネルギーを普及させるため私たち電気利用者全員が負担することになっています。太陽光発電や再生可能エネルギーとは無縁と思っている人も、この「育エネ」負担金を支払うこと、ご存知ですか?

太陽光発電全般の情報記事一覧

太陽光発電とは、屋根の上に設置したソーラーパネル(太陽電池モジュールとも言います)によって太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換して発電するシステムのこと。生み出された電気を自宅で使用したり、余剰電力を電力会社に売る(売電)ためには、パワーコンディショナーや配電盤、発電モニターといった機器も必要となりますが、太陽光発電システムは実は非常に単純な構造になっています。これらの機器を設置することで、日...

光熱費の大幅節約太陽光発電を設置すると、大幅に光熱費の削減が出来ます。通常日中の電気料金は夜間に比べて割高に設定されていますが、当然のように全て電気会社から買電していました。しかし太陽光発電があれば、日中の電力は自宅のシステムで賄えてしまいます(悪天候では発電量が落ちますのでこの限りではありません)。さらにオール電化と組み合わせることでガス料金も必要なくなるため、光熱費の大幅な節約になるんです。余...

太陽光発電は今、様々な理由から注目を集めています。再生可能エネルギーの中でも中心的なエネルギー源として注目され、今家庭から企業まで幅広く普及の裾野が広がりつつあります。再生可能エネルギーの主役ソフトバンクの孫正義社長がメガソーラー事業に進出したことは記憶に新しいところです。他に楽天なども再生可能エネルギー事業への進出を明らかにしていますね。経済産業省の試算によれば2012年度の再生可能エネルギーに...

現在国内で発電される電力量における各電力源の割合は以下のとおり(2009年度データ)LNG・・・29.4%原子力・・・29.2%石炭・・・24.7%水力・・・8%石油等・・・7.6%新エネルギー・・・1.1%これが現実の数字です。私たちの生活を支える電気はほとんどがLNG(液化天然ガス)や石炭、石油などの化石燃料を燃やして発電する【火力発電】か【原子力発電】で作られるものです。これを脱却するために...

再生可能エネルギーとは簡単にいうと、短期間で再生産が可能で資源の枯渇が心配いらないエネルギーのこと。また環境に優しいという特徴をもっています。再生可能エネルギーには・太陽光発電・風力発電・バイオマス・水力発電・地熱発電・太陽熱発電・雪氷熱利用・温度差熱利用・地中熱利用などがあります。中でも太陽光発電は日本でもっともポピュラーな再生可能エネルギーであり、世界的に見てもドイツと日本が世界をリードしてい...

再生可能エネルギー発電促進賦課金をご存知でしょうか?これは電気事業者が『再生可能エネルギーの固定価格買取制度』により義務化された電力買取に要した費用を、私たち一般の電力消費者がその使用電力に比例した賦課金によって賄うことを目的としており、いわば再生可能エネルギーの普及・拡大を国民一人ひとりが資金負担している形になっています。自宅に太陽光発電を設置していなくても、当然この賦課金を支払うことになるんで...