太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電とは、屋根の上に設置したソーラーパネル(太陽電池モジュールとも言います)によって太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換して発電するシステムのこと。
生み出された電気を自宅で使用したり、余剰電力を電力会社に売る(売電)ためには、パワーコンディショナーや配電盤、発電モニターといった機器も必要となりますが、太陽光発電システムは実は非常に単純な構造になっています。

 

これらの機器を設置することで、日中の発電可能時間には発電した電気を使用し、余った電気は売電へ回せます。夜間や発電に適さない天気の時のみ足りない電力を買電(普通に電力会社の電気を使用すること)しますので、電気料金の削減にも繋がります。

 

この (売電による利益+電気料金の削減幅) が (太陽光発電システムの導入費用) をどのくらいの期間で償還できるのかを考えながら、自分に合った太陽光発電システムを選ぶ事が基本です。

太陽光発電の仕組み関連ページ

太陽光発電のメリット
ソーラーパネルを屋根に設置している家屋を見たことありますよね?あれって実際どのくらいの電気を作っているのでしょう?あまった電気を売電するのが一般化した今、効率よく電気を作ってお金に変える事もできるんです。
太陽光発電が今注目される理由
太陽光発電自体はかなり以前から一般化した技術。にも関わらずここにきて急激に注目を集めている理由と、普及を後押しする社会的変化などについて簡単に解説しています。
再生可能エネルギーの供給量割合
福島第一原発の事故以来、俄かに騒がれだした『脱原発』の声。今すぐに実現するかは不透明ですが、将来的には原発に頼らない社会を構築していくことが必要不可欠になったと思います。現在、太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーが供給する電力量はどのくらいでしょうか?
再生可能エネルギー 期待と現実
これからの時代に欠かせないエネルギー源として期待される再生可能エネルギー。実際に現時点でどれほどの発電量が見込めるのか?今後何年で化石燃料によるエネルギーに取って代わる可能性があるのかなどについて。
再生可能エネルギーは他人事じゃない!育エネ負担金
自分は発電も売電も興味がない、だから関係無いという論理は通用しません。私たち一人ひとりが再生可能エネルギーの普及に使われる費用を2012年の8月から負担することになります。これが「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と呼ばれるものです。