再生可能エネルギーって何?

再生可能エネルギーとは簡単にいうと、短期間で再生産が可能で資源の枯渇が心配いらないエネルギーのこと。また環境に優しいという特徴をもっています。再生可能エネルギーには

 

・太陽光発電
・風力発電
・バイオマス
・水力発電
・地熱発電
・太陽熱発電
・雪氷熱利用
・温度差熱利用
・地中熱利用

 

などがあります。

 

中でも太陽光発電は日本でもっともポピュラーな再生可能エネルギーであり、世界的に見てもドイツと日本が世界をリードしています。2009年末の太陽光発電導入実績は260万kWを突破し、近年益々普及が進みつつあります。

太陽光発電の特徴

太陽光という無限のエネルギーを利用できる

太陽光をソーラーパネルで電力に変換するため、資源の枯渇やエネルギー源の安定確保の心配が無い。

発電システムの構造が単純で壊れにくい

システムが単純で、可動部分も少ないためメンテナンスの必要性がほとんど無い。一度設置すればあとは自動で発電してくれる。

用地確保の必要が無い

建造物の屋根や壁面に設置できるため、専用の用地確保の必要が無い。

使用地=発電地が可能

設備が小型、メンテナンスフリーのため、送電施設の整わない環境でも現地で発電・使用が可能

非常用電源としても期待

災害や停電等の非常時にも電力を確保できる。

再生可能エネルギー 期待と現実関連ページ

太陽光発電の仕組み
太陽光パネル(ソーラーパネル)が太陽光を電気に変換する仕組みを簡単に解説。クリーンエネルギーの中で最も身近な太陽光発電について正しい知識をみにつけましょう。
太陽光発電のメリット
ソーラーパネルを屋根に設置している家屋を見たことありますよね?あれって実際どのくらいの電気を作っているのでしょう?あまった電気を売電するのが一般化した今、効率よく電気を作ってお金に変える事もできるんです。
太陽光発電が今注目される理由
太陽光発電自体はかなり以前から一般化した技術。にも関わらずここにきて急激に注目を集めている理由と、普及を後押しする社会的変化などについて簡単に解説しています。
再生可能エネルギーの供給量割合
福島第一原発の事故以来、俄かに騒がれだした『脱原発』の声。今すぐに実現するかは不透明ですが、将来的には原発に頼らない社会を構築していくことが必要不可欠になったと思います。現在、太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーが供給する電力量はどのくらいでしょうか?
再生可能エネルギーは他人事じゃない!育エネ負担金
自分は発電も売電も興味がない、だから関係無いという論理は通用しません。私たち一人ひとりが再生可能エネルギーの普及に使われる費用を2012年の8月から負担することになります。これが「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と呼ばれるものです。